ダイアン35の基本情報について

ダイアン35とは
ダイアン35(Diane-35)とは、バイエル社は体格が小さいアジア人向けに開発してきた低用量ピルです。従来の避妊薬ピルより、体に与える負担がもっと小さくて、副作用も少ないと言われています。それで、アジアの避妊薬の市場でとても人気があります。ダイアン35は避妊効果の他には、ニキビと多毛症の改善、更年期障害の軽減にも有効です。

ダイアン35の効果
ダイアン35には、プロゲストゲンという酢酸シプロテロンと、エストロゲンであるエチニルエストラジオールの2種類のホルモンを配合しています。酢酸シプロテロンはアンドロゲンという男性ホルモンの働きを抑えることができ、排卵を抑制し、子宮膜の状態を非準備状態のまま維持させることを通して、精子が子宮に入ること、受精卵の着床を阻害する目的に達します。それで、避妊効果が期待できます。また、ダイアン35はホルモンのバランスを整えることで、生理時の出血量の減少や生理痛などの症状を緩和させるといった効果もあります。

他には、ダイアン35は男性ホルモンで引き起こされるニキビや多毛症にも効果があります。更に更年期障害の改善、バストアップ、アンチエイジングなどの効果も報告されています。

ダイアン35の服用方法
ダイアン35の服用方法というと、避妊薬として用いられている場合、生理初日から、1日1錠を、21日間服用し続けます。ダイアン35の服用を忘れないように毎日同じ時間に服用することが重要だと認められています。21日間の服用が終わったら、7日間の休薬期間がありますから、その間、ダイアン35の服用を止めてください。

もし、周期初日ではなく、生理開始後5日以内に飲み始めた場合には、7日以降から効果が現れ始まりますので、その間、できるだけほかの避妊措置を行ってください。ダイアン35を飲み忘れたとき、12時間以内に気が付いたら、すぐに服用すると、構わないと言われています。12時間を超えたら、効果が弱くなる可能性がありますから、注意してください。

また、ニキビや多毛症などの場合にダイアン35を服用するなら、具体的な服用方法について、医師の指示に従って服用したほうがいいと考えられています。ダイアン35を利用している間、血栓症を引き起こしたり、悪化させたりするリスクがありますから、血栓症がある人はダイアン35を服用しないでください。

ダイアン35の副作用
ダイアン35の副作用はだいたい、体内のホルモン環境の一時的な変化によって起こるものです。具体的に言えば、血圧の上昇、嘔吐、吐き気、胃腸障害、乳房の張り、下腹部の痛み、不正出血などの症状があります。一般的に、それらの副作用はほとんど軽度の表現です。しかし、個人差によって重篤な副作用が起こる場合、早めに医師と連絡してください。

健康情報一覧

シアリスは2007年に日本で認可された一番新しいED治療薬です。シアリスの成分によって、昔のバイアグラとレビトラより長効果持続時間が特徴であります。